忍者ブログ
FF11から14へ。 ふとしたきっかけで手に入ったPS3版でエオルゼア体験留学('∀'*)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意識を最大限に集中させて
完成品のイメージを細かくそして強く思い描く
あたしのイメージが形になるのに呼応して
炎のクリスタルが淡く輝き始める

輝きはやがて炎へ
そして強く輝く光となって素材を包み込んでゆく

ブゥゥゥン・・・

やがて光は一点に収束されて弾けて消える

『はい。今回は髪飾りです』

あたしのイメージが綺麗に具現化された髪飾りを笑顔で手渡す
『あら。今のがクリスタル合成ってやつかい?』
Romildaさんは手渡された髪飾りとあたしの顔を交互に眺めながら
やさしい微笑みを向ける

『はい!冒険者してるとこんなこともできるようになるんですよっ』
『いつもありがとうね。』
Romildaさんはドヤ顔で胸を張るあたしの頭をなでながら
『おじいさん、プレゼントを頂きましたよ!おじいさんなんて全然何もくれないのに!』
意地悪な笑顔を隣の旦那様に向ける
『そ、それは・・・』
となりのQijiさんが何とも言えない表情でいつもの様に口ごもる

『・・・いいんですか?いつものことですけど。』
『いいのよ。あのひといまだに何一つ直接くれないんだから。
それよりおじいさんへのお返しなんだけど何がいいかしら?』

バストゥークへ戻って挨拶にうかがうと必ず見るやり取り
”同じ時を共有できる”幸せっていいものだなー(´▽`*)

まだ沈んでいるおじいさんと笑顔のおばあさんに手を振って港の大通りを歩く
真夏の日差しが石畳に照り返しゆらゆらと陽炎を作る
港を挟んで見える大工房も陽炎に揺られぐったりしているように見えた

『あっつ。。。』
暑さに負けたあたしは近くのお店に避難した
食事時を外れているせいか広い店内に人はまばらだった
奥の空いている席へ座って
木製の大きなテーブルに伏せてみる
我ながらだらしないかっこだとは思いながらも
目を閉じてしばらく頬の冷たい感触を楽しむ

『うひゃぅ!!』

突然首筋を襲った冷たい感覚にとんでもない声が出る

『Rikahoさんおつかれですなーw』

驚いて顔をあげるとドリンクピッチャーとコップを手に
にやにやと不敵に笑うウェイトレス

『なんだ。〇〇かー』
『なんだってなによ。帰って来るなら手紙くらいよこしなさいよねー』

手短に注文を済ませると
たっぷりと汗をかいたコップの水を一気飲み
頭が痛くなるほどの冷たさが火照った体によく沁みる

『それにしても久しぶりだなぁ。。。』
バストゥークはウィンダスやサンドリアに比べると歴史の新しい国だ
成長著しい技術大国だって言われているけど
その陰にある民族問題もほかの2国に比べても深刻なものだ
その為か同じ国でありながら

鉱山区はガルカ
港区はヒューム
大工房は技術者

って感じですっかり住み分けされてしまっている
大工房の技術者は気難しい人が多くそもそも立ち入り禁止場所だらけなので
子供のあたしたちが学校帰りに集まるところは
おのずと限定されていくことになる

学校で飽きるほど話した後
ここに集まって日が暮れるまでまた話したりとかしたっけ
毎日が楽しくてずっとこんな日が続くと当たり前の様に思ってた
そんなみんなとも卒業以来
それぞれ忙しくてなかなか会えていないのが現状だ

『昔のままって訳にはいかないかぁ。。。』

『何の話よ?』
盛大にため息をつくあたしの顔を
料理を運んできてくれた〇〇が不思議そうに見つめる
『ちょっと考え事をねー。。。』
『ふーん』

自分から聞いておきながら
たいして興味なさそうにあいづちをうってから〇〇は料理をテーブルに並べる
うーんっ
やっぱりここはソーセージとビールだよね!
両手を合わせて元気にいただきます!してから
勢いよくビールを一気飲み
しみるわーwいきかえるぅぅーww

『で?考え事って何よ?』
当然のようにあたしの目の前に座る〇〇
何故か彼女の目の前にはオレンジジュースとサンドイッチのセット

『あれ?仕事は。。。?』
『わたしもお昼まだだったから。休憩休憩』

ほんの少しの時間だったけどいろんな話ができた
お互いの近況だとか
懐かしい昔話とか
さっきまでのノスタルジックな気分が嘘みたいに軽くなっていくのがわかる
ほろ酔い気分で泣き言や愚痴も盛大にぶちまけたのは。。。反省してます

何よりうれしかったのは彼女が自分の夢に近づけているということ
今も昔と変わらずに頑張っていることが分かったこと
変わらないものだってあるのかもしれない
それを知ることができただけでも良かったのかもしれない

『じゃ、わたしそろそろ仕事戻らないとだから』
『えー。。。もう?』
『いつまでもあんたのお守りしてられないからねー』

二人分の食器を手際よくまとめると
いたずらっぽい笑顔を残してカウンターへ戻っていった


話しに夢中になりすぎてグラスでぬるくなったビールを一気に飲み干して
おおきくひとつ伸びをする
気が付くと店内にはだいぶお客さんが増え始めている
〇〇も忙しそうではあるけど
笑顔でテーブルとカウンターを行き来している

夢、かなうといいね。。。

お会計を済ませてひとり呟いて扉に手をかける

『Rikaho!』
突然の〇〇の大声に驚いて振り返る

『お互い絶対に夢かなえようね!』

あたしだけじゃない
店中の視線を一身に集めても
彼女は少しも臆することなくよく通る声で言い切った

あたしの良く知ってる
あたしの大好きな
昔と変わらない眩しいくらいの笑顔で

あの頃のあたしたちはみんな未来を夢見てた
いつからあたしはそれをしなくなったんだろう

目指すものなんてなんでもいい
目指すものがあればいつまでも同じ気持ちでいられる
同じ気持ちで頑張れる

それこそが”あたしたちの共有する時”だから
PR
暑っ。。。

グレープジュースを一気に飲みほして
そのままテーブルに体を預けて伏せてみる

照りつける太陽
入道雲と青い空
そしてどこまでも続く海

店内を吹き抜ける心地よい潮風を感じながら
旅の吟遊詩人の唄に静かに耳を傾ける

『今日も平和だなぁー・・・』


カラ・・・ン

グラスの氷が溶ける音で目が覚める
店内を見渡すとお客はあたしだけになっていて
唄っていた吟遊詩人もいなくなっていた

『だいぶお疲れみたいだね。お水よければどうぞ。』
『あ、ありがとうございます。ごめんなさい;いつのまにか寝ちゃったみたいで・・・』
『あ、いいのいいの。どうせ暇だからw気にしないでゆっくりしていってー』

そう笑顔で言うとミスラの店員さんは尻尾と手をふりふりしながら
またカウンターの奥へ戻っていった

テーブルの上でたっぷり汗をかいているグラスの中身を一気に飲み干すと
暑さと眠気でぼーっとした頭がはっきりしてくる。
窓から外を見るとすでに太陽が街並みをオレンジ色に染め始めている

『やっぱり引き際って肝心だよね。。。』

まばらだった大通りの人通りが増え始めにわかに活気づき始める

ジュノの街でも特にこの下層は色々と便利なせいか
冒険者たちの往来がとても多い

明らかにあたしよりレベルの高い冒険者から
昨日今日ジュノへたどり着いたような新米まで幅広い

いつのまにか少しずつ人が入り始めた店内のカウンターで
じぶんの財布と商品を交互に見ながら唸っている少女に目が止まる
まだ綺麗なローブと立ち居振る舞いから冒険を始めたばかりなのが見て取れる

あたしにもあんな頃もあったんだよね

そういえば・・・
やっとの思いでたどり着いたここで最初に夕飯食べたのもここだっけ

懐かしさも手伝って今日の晩御飯もここで済ませようと決め
今日はもうすでに何杯目かのグレープジュースを注文する

ふとカウンターに目を向けると先ほどの少女がまだ唸りながら悩んでいる
綺麗な緑の液体と黄色の液体の入った瓶を交互に眺めてはため息をついている

メロンジュースとパインジュースかな?
効果と値段のはざまであたしもさんざん悩んだなー。。。なんて

まじまじ見過ぎたせいか視線に気が付いた少女と目があった

彼女は困ったような照れ笑いと会釈をあたしにすると
また再び商品を前にうんうんと唸り始めた。

耳まで真っ赤になりながら。。。



『あの。。。ホントにいいんですか?』
テーブルの上に並んだ食事を前にして
あたしの前に座った少女が遠慮がちに尋ねる。
笑顔でうなずくあたしを確認すると

『いただきますっ!』

元気な声と同時にものすごい勢いで食べ始めた。
うーんwやっぱりおなかも減ってたのね(=^▽^=)

『ほんとにほんとに今日はありがとうございました』
『気にしない気にしない。先輩が後輩におごるのは当然です』

なんども頭を下げる少女にちょっと先輩風を吹かせてみたりする。
ついでにお土産にメロンジュースとパインジュースを5本ずつw

『すごく悩んでたみたいから両方飲んでみてくらべるといいよ』
『あの!こんなに高価なもの。。。』
『んーと。じゃ、出世払いでwいつか凄い冒険者になったら体で返してもらおうかな!』
『はい!・・・って、え?』
あ、いけないいけない。
初対面の子にこれは変な人だと本気で思われちゃう。。。;

『冗談ですwお礼はそうね。。。もしあなたみたいに困ってる人がいたら助けてあげてくれたらうれしいかな。』

ちょっとクサいかなーとか思ったけど
彼女は笑顔で頷きもう一度お礼を言った後手を振りながら雑踏に消えていった

気が付けば街には街灯がともり
空には満天の星と月があたりをやさしく照らしている

あーあ。。。あたし何やってるんだろ


『やっぱりそろそろ引退したほうがいいのかな?』

誰にとも投げかけた言葉には当然答えるものはなく
窓からのぞく満天の星と満月は
変わらずやさしい光を湛えるだけでした
ウィングソードとスパイクシールド
それからスコピオハーネスとミセリコルデ。。。っと

ふぅ。これで全部かしら

モグハウス管理組合から届いた明細と
届いた荷物の確認をして金庫へしまってちょっと一息

小遣い稼ぎのためになんとなく始めた倉庫整理のバイトも
そろそろ2年くらいになるだろうか

最初は時給がいいだけの仕事だったけど
いつの頃からか送られてくる荷物に
その冒険者の成長とか特徴とか趣味みたいなものが見えるようになって
送られてきた荷物から会ったこともない冒険者のことを
色々と想像するのが楽しみの一つになってきている

毎日たくさんの冒険者から荷物が送られてくる中
とくにあたしの興味を引いた冒険者がいる

Rikaho

何のことはない普通の名前
しいて言うならあたしと同じ東方出身に多い感じの名前だろうか
あたしがバイトを始めた頃から見てるから
この人ももう冒険者として2年以上になるのかな?

最初はブロンズソードから始まり
だんだん出し入れされるものが変わってきて。。。

今日届いたのがさっきの荷物

たいていの冒険者は荷物からなんとなく特徴がわかる

剣や鎧が多い前衛色の強いひと
逆に杖や法衣といった後衛色の強い人
色々な素材やクリスタルの多い職人色の強い人

この人の荷物はとにかく種類が多い
武器や防具はもちろん
その辺で拾えるようなものから珍しい素材まで
とにかく何でもかんでも送ってくる

きっとどうしようもない貧乏性なんだろうな。。。

あ、なんだか話がそれちゃったけど
それよりもなによりも
あたしの興味を引いたのはその名前

あたしとたった一文字違いのその名前だ

なんとなく親近感のわくこの冒険者に
いつの日か会ってみたいと思うようになった


db1810f2.jpeg








Likahoちゃーん
やっと一息ついたとこ申し訳ないけど出荷1件頼むよ

手元に届いた明細に目を通す
どうやら武器防具類がメインの依頼


さって。。。それじゃちゃちゃっとかたしちゃいましょか!


気合を入れて出荷準備を始める
まだ見ぬRikahoさんの冒険の無事を祈りながら
 
急がなきゃ。。。!

ほんの少し前
ル・オンの庭の探索から戻るとモグから一通の手紙を受けとった。

差出人はIさん
しばらく冒険を休んでいたLSメンバーさん

とても尊敬する先輩であり
 話せるお姉さんであり
 くだらないことで笑える大切な友達

今夜を最後に冒険を本格的にお休みします。

装備と戦利品をモグに放り投げてモグハウスを飛び出す
今ならまだ。。。間に合うかもしれない

どこにいるかなんてわからない。
でもきっと彼女は今そこにいる。
そんな確定めいた予感だけを頼りに向かったのは

あたしの故郷でもあるバストゥーク

港の桟橋を渡って
ツリーの輝く広場を駆け抜ける
鉱山前を横切って
グスタベルグへと出る門の前に彼女の姿を見つけた

Rik111229234133a.jpg











彼女はあたしを見つけると
いつもと変わらない笑顔で迎えてくれた

最後にRikahoちゃんに会えてよかった

溢れそうになる涙をぐっとこらえるのが精いっぱいで
言葉が出ないでいるあたしに
彼女が冒険を休むことにした理由を話してくれた

新しい生活が始まること
とても素敵な出会いがあったこと
今までのこと
これからのこと

久しぶりに見た彼女の笑顔は
とても。。。
とても眩しくて幸せそうで。

だからあたしも

泣き言でもなく
引き留める言葉でもなく

感謝と応援と
精一杯の強がりの笑顔で

お疲れ様!
ずっとそばで支えてくれてありがとう。
そして
これからもずっとよろしくね

ごめんね。もう行かないと・・・

Rik111229235044a.jpg











またね!

いつものように挨拶を交わして互いの道を歩き出す

歩く道は分かれてしまったけど
いつでもそばにお互いの存在を感じながら
人形師の彼が気になって再びタブナジアを訪れた
気のせいかなんだか前より少し活気づいた気がした

ナグモラーダさんの助力で
ジュノとの交易が再開しつつあるせいだろうか

前に訪れたときはほとんど姿を見なかった冒険者たちも
ちらほらと見かける

人形師の彼は相変わらず彼の妻の仕上げに夢中だった

彼はあたしの姿を見つけると作業の手を止め
前に話しかけてやめた話の続きを語ってくれた

嫌な予感は的中した

彼の目的は・・・

魔法でマネキンに魂を吹き込むこと

つまり彼の妻の魂をマネキンに入れて生き返らせようという話
いわゆる反魂の魔法っていうのは
昔話でもなんでも危険で最悪の失敗をすると相場の決まっている魔法だ

本当はこの時点で辞めさせるべきだったのかもしれない。

視力を完全に失うまでに彼女の微笑む顔がもう一度見たい。。。

そう真摯に訴える彼の願いを断ることはあたしにはできなかった。

フォミュナ水道にいる呪術師を頼ってみようという彼の提案で
呪術師にくわしいシェミュという女性を訪ねてみた


Rik111215220354a.jpg












彼女の話では
その呪術師は二十歳そこそこの風貌ながら年齢不詳
大戦を機に水道に閉じこもり禁忌の魔法の研究に手を付けたとか。。。

なんて言うか
あからさまに危険な香りがするんですけど(´・ω・`)

彼女の言うとおり
フォミュナ水道の奥に彼の住処はあった
ファルディマンと名乗るその若い(少なくともそう見える)エルヴァーンの呪術師は
意外とあっさりと引き受けてくれた

用意するものは古の芥の香のみ

それもミザレオ海岸近くの滝で見つけることのできる
決して珍しいものではないらしい

Rik111215222525a.jpg











指定されたものを見つけ待ち合わせの場所へ向かうと
ファルディマンはもうすでに呪術の準備を済ませていた

人形師の彼がマネキンを所定の位置に置くのを見届けると
呪術師は静かに呪術の詠唱を開始し
古の芥の香を焚く

しばらくすると香の香りと煙が
あたり一面を静寂と濃い霧に包み始めた

ファルディマンの呪術の詠唱が終わると
一瞬の間をおいてマネキンが動き出した

ぎこちない動きとともにマネキンに魔力の収束を感じる

魔法だ!何か。。。くる!?

『いけない!Rikaho、止めてください!』

ファルディマンの声より早くあたしの体が危険に反応した。

Rik111215223355a.jpg











あっけなかった。
美しかったあのマネキンは見る影もなく地面に横たわっている

失敗・・・だったのかしら?

取り乱す人形師の彼にかける言葉も見つからない

『まだわからないのですか?
それはあなたの妻なんかじゃありません。
そこのそれはただの木材です。
心のないものを動かしたって無駄なのです』

ファルディマンの冷徹な一言。

正論

・・・なのかもしれない。
きっと人形師の彼もわかっていた。
それでも現実を受け止めきれずにすがりたいものがあったんじゃないだろうか。

永遠に続くかと思われた重苦しい沈黙と空気を
吹き抜ける一陣の風がさらってゆく

『霧が晴れてきましたね』

・・・と、その時3人は確かに見た。
先ほどまで人形の残骸のあった場所で微笑むエルヴァーンの女性を

『アルシャー!』

ほんの一瞬だった
輝くような眩しい微笑みを見せた彼女は霞のように消えてしまった

彼女はマネキンとは違う
わざわざ人形など作らなくても
彼女はこんなにも美しい
僕のそばにずっといてくれたんだろう

そう言い残すと一人タブナジアへ帰って行った人形師の彼
きっとその眼の光は失っても
彼女の微笑みはその心の瞳に映り続けるんだろう

彼はようやく過去ではなく現在を生きていくようになった。
まったく20年ぶりに・・・
よかったじゃないですか。
過去は過去です。思うだけでよろしい。


人形師の彼の後ろ姿に
茶化すようにつぶやいた後さらに何か言葉を続けようとしてやめた。

我々は今日を生き明日を夢見る・・・そうでしょう?

まるで何かを見透かしたようにあたしに向けられたその瞳に
心臓を掴まれたような気がした

あたしにも生き返らせたい人がいる。
もしこれが成功したら自分も。。。
そんな風に少しでも考えたあたしの気持ちを見抜かれた気がした。

『言われなくてもあたしはいつだって前向きですけどね!』

精一杯の強がりをはいて振り返らずに歩き出す

きっとあたしのすぐそばにいてくれるあの人に・・・

心配されないように。笑われないように。
そしていつまでも微笑みかけてもらえるように!
 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Rikaho’sでーた
Profile
◇めりぽ状況◇
基本:
・MP ×☆12
・短剣スキル ×☆8
・片手剣スキル ×☆8
・弓術スキル ×☆3
・回避スキル ×☆4
・盾スキル ×☆1
・強化スキル ×☆1
・弱体スキル ×☆8
・精霊スキル ×☆8
・被クリ率 ×☆5
・詠唱中断率 ×☆5
赤魔道士:
・氷属性魔法命中率 ×☆5
・コンバート使用間隔 ×☆5
・スロウⅡ ×☆5
・バイオⅢ ×☆5
シーフ:
・不意打ち使用間隔 ×☆3
・TA確率 ×☆5
・オーラスティール ×☆3
・アサシンチャージ ×☆5
狩人:
・狙い撃ち使用間隔 ×☆2
・ラピッドショット ×☆1
・フラッシーショット ×☆1
・リサイクル ×☆1
白魔道士:
・ケアル詠唱時間 ×☆2
・デヴォーション ×☆1
・プロテアⅤ ×☆1
・シェルラⅤ ×☆1
黒魔道士
・フリーズⅡ ×☆1
ウエポンスキル
・エクゼンテレター ×☆3
・レクイエスカット ×☆1
・エイペクスアロー ×☆2
プロフィール
HN:
りか
性別:
女性
趣味:
スポーツ全般
最新CM
[09/20 あいま]
[06/02 ろぜた]
[05/04 ラグ@引退者]
[05/03 あいま]
[12/26 りーざ]
TBP&最新TB


ブログ内検索
成分表&時計
カウンター


是非ポチッとお願いします!

blogram投票ボタン

FF11・ブログ

ゲーム全般・ブログ

Copyright © Rikahoの秘密☆エオルゼア在住の元ヴァナ娘☆ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]