忍者ブログ
FF11から14へ。 ふとしたきっかけで手に入ったPS3版でエオルゼア体験留学('∀'*)
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒸気の羊亭を出て橋を渡り
商業区へ入るとすぐにモグハウス街の入り口が見える

昨日までのあたしならモグハ直行だろうけど
今日はそのまま帰る気分じゃなかった

競売前の噴水広場脇のベンチに一人腰かけ
なんとなく空を見上げる

緋色に染まる空が少しずつ茜に藍に染まり始め
綺麗な青い月が浮かんでいる

数年前
大きな夢を胸にここを旅立った日もたしかこんな夜だったなぁ。。。

小さく伸びをしてベンチを立ち
家路を急ぐ人たちの流れに逆らって歩く

時間的に鉱山で働く人たちがあがる頃なのかな?

そんなことを考えながら歩いていると
鉱山区の住宅街に人だかりができているのが見えた

ま、ここじゃヒュームとガルカの揉め事なんてしょっちゅうだし
どうせまたそうなんだろうと足早に過ぎようとしたとき
脇を足早に通り過ぎたガルカ2人組から会話が漏れ聞こえた

『どうやら本物の語り部らしいぜ!』

語り部。。。?
ガルカの語り部って
前の人がいなくなってからずっといなかったんだっけ?

ガルカの群衆に突撃するのは怖いけど
結局好奇心に負けてこっそりと人ごみに紛れ込む

『このお方がラオグリム様がいなくなった後現れることのなかった語り部だ!』

あたしよりひとまわりふたまわりデカいガルカをかき分け
どうにか見えるところまで来たものの
その姿を見て拍子抜けする

こ、こどもだし。。。

それでも疑う声より信じる声の方が多いのが不思議よね
まぁ転生ってことは子供になるんだろうし
それっぽいといえばそれっぽいけど

語り部と付き人を名乗る二人組の演説にも飽きたので
こっそり立ち去ろうとしたとき
突然現れたガルカに路地裏に引きずり込まれた

「ゴメンナサイ!ごめんなさい!!ゴメっ・・・んぐぅむぅ」

突然の出来事にパニックになってとにかく謝ってみた
いくら腕に多少の自信があるとはいえ
相手はガルカだ
体格から何から規格が違いすぎる
下手したらあたし。。。こ、ころされる!?

口元を抑えられ涙目で暴れるあたしに
そのごついガルカはゆっくりと言った

『突然すまない。なるべく周りのガルカを刺激したくなくてな』

正体はMedicine Eagle(メディシンイーグル)さん
突然の語り部登場で興奮してるガルカの群衆の中で
ちょろちょろしてるヒュームを見つけて慌てて駆けつけてくれたらしい
確かにあたしも不用意でしたけど
助けるにしてももうちょっと優しくしてくれてもよかった気もするけど。。。

路地裏から遠巻きに群衆をみるとすでにテンションMAX
そのうち暴れるんじゃないかっていうくらいの異様な盛り上がり様

でも。。。
となりで同じように彼らを見守るMedicine Eagleさんの表情は
ちょっと複雑そう?

『本来は喜ぶべきことなのだが、正直言って私自身も困惑している』

あたしの視線に気づいたのか独り言のようにつぶやく
あら?意外に冷静な人もいるのね

話しによると銃士隊のほうでも
アルテパ方面で真実を確かめるために調査すべきという話も出てるみたい

興味があればツェールン鉱山のガードにみいてみるといい

それだけ言うと
彼は二人組が去ってもなお減らない人だかりの整理へ向かう

そういえば同じ国に住んでる種族なのに
あたしはガルカについて詳しいことをほとんど知らない

転生の仕組みとか社会の仕組みとか

ちょうどいい機会だし
社会勉強ついでに話だけでも聞きに行ってみようかしら
PR
永遠に続くかと思われた大雪原の果てにある
物々しく暗い雰囲気に覆われた古城
おびただしい数の獣人と悪魔の衛兵達
そしてそこに鎮座し世界を敵に戦う悪の大魔王

冒険小説によくあるクライマックスそのままがそこにあった
ボスディン氷河を抜けた先にあるザルカバードの更に北
今回の目的地のズヴァール城

幾重にも張り巡らされた堀のある外郭を越え
迷路のような小部屋で構成された内郭を抜た先
20年もの昔連合軍の勇士によって闇王の葬られた場所。。。
その王の間へ続く広間に陣取り最後の装備と作戦の最終確認
5a294b1b.jpg








ここまで来て能天気なあたしもさすがに確信した
闇王は確かにいて倒さなければならない敵なんだと
扉の向こうから伝わってくるのは明らかに城内のどことも違う空気感
不安と恐怖だけを増幅していくような。。。そんな感じ

準備と作戦確認が終わり突入の合図が出る
それでもまだ本当に勝てるのかっていう不安は消えない
20年前に戦った人たちはどうだったのかな?

4473f64e.jpg







長かったのか短かったのか。。。
終わってみたらそんなことさえも覚えていない

ただ1つ強烈に残っているのは元ガルカだった彼が語った
闇王として生まれ変わるきっかけにもなった
30年前の調査隊事故の真実

それは歴史の真実として残っているものとは全く違った。。。
あの獣人拠点でふれた魔晶石がみせた映像そのものだった
出来ることなら嘘であって欲しい
あたし達女神アルタナの子らが抱える闇夜よりも濃くて深い暗黒・・・

なんとなくスッキリしないけど
プレジデントが言ってた通り闇の血族の勢力拡大をとめるっていう
ミッション自体は達成できたんだし今回も成功ってことでいいのかな

う~ん。。。
頭使いすぎたせいかなんだか頭が重い
それになんだか大事なことを忘れてる気がするような。。。??

ま、とりあえず今日は思いっきり寝て起きてからゆっくり整理しよう
フェ・インでの報告終了後
間もなくに召集されたバストゥーク共和国緊急議会

事態を重く見たプレジデント
銃士隊を派遣する案を提出したようだけど・・・
承認は得られなかったみたい

そして今回のあたしに出されたミッション

闇王復活の阻止

闇王復活のために動く勢力がいることはもう間違いない
そして今も20年前の大戦で葬られたはずの闇王が眠る
ボスディン氷河より更に北の最果ての地ザルカバードで何らかの動きがあることも。。。

そしてもし万が一阻止が間に合わなかった場合
闇王の討伐が最終的な目標になる

そう。
名目は調査だけど実質内容は闇王討伐

混乱を避ける為と秘密裏に行う目的で
今回もLsメンバーとの少人数での行動になるみたい

20年前の大戦の話しはあたしもよく知っている
闇の血族を率いてアルタナ4国と戦った闇王
剣を握って数ヶ月しか経たないあたしみたいな冒険者が
本当にどうにかすることなんてできるのかしら。。。

嫌な想像ばかりが膨らんでなかなか寝付けない
今回ばかりはどうかこの嫌な予感が当たりませんように。。。
どれくらい歩いたのだろう

ボスディン氷河へ入ってからというもの
ずっと吹雪の中を歩き続けている

北へ
ただひたすら北へ・・・

ボスディン氷河の北の果てにある廃墟フェ・イン
それが今回の目的地

82509223.jpg







夜の闇さえ飲み込んでしまうかのような白い世界を歩き続け
既にどれくらいたったのか・・・
時間の感覚もなくなってきた頃そこへたどり着いた

古人が住んでいたとされる伝説の都市
この町に足を踏み入れて帰ってきた数少ない生還者の話によると
今も古人の末裔が住んでいて、侵入者を喰らうと云う………

中を探索しているとLionさんと仮面の暗黒騎士に会った
Lionさんとは以前ドラゴンと戦った時に会ってから
時々こうして顔を合わせることが増えてきた
なんだか同じ目的で動いているような・・・気のせいかな

仮面の暗黒騎士(Zeidさんと言うらしい)から
この地で30年前にあった調査隊の話を聞くことが出来た

調査に参加したのは・・・
 ガルカの剣士ラオグリム
 ヒュームの女格闘家コーネリア
 ヒュームの戦士ウルリッヒ
 エルヴァーンの騎士フランマージュ
 タルタルの白魔道士イルクイル
 ミスラの狩人ラブンタ

 誰もが偉大な勇者だったという
 でも結局その時の調査は事故で中断され
 たいしたことはわからずじまいだった
 ラオグリムさんとコーネリアさんが命を落とし
 他のメンバーも後に不慮の死をとげたとか…


ここまで聞いて何かが引っかかった

あたしこの話知ってる?
30年も昔の話なのに。。。なぜ?

そうだ。魔晶石に触れたときに見た幻影
あれと。。。同じ話し?

だとしたらアレは事故じゃなくて。。。

考え事をしているうちにどうやら目的地へ着いたみたい
物々しい扉をくぐった先には魔法を施された結界が見える

・・・正確には結界を施されていた跡が
6ae1cb64.jpg







注意深く中へ入るとそこには大鎌を携えた死神がいた
どうやら最悪の事態に当たっちゃったみたい

同行してもらったLsの皆と顔を見合わせ無言で頷く

震える手にありったけの力をぐっとこめて
強化魔法の詠唱を始める

今はただ皆で生きて帰れることだけを信じて。。。

魔晶石調査から戻ってすぐに知らされた急報

バストゥーク大統領府に賊が侵入
賊はプレジデントを襲った模様。
至急帰国されたし。

大統領府へ戻ると
慌しくも物々しい緊張感が漂っていた

ナジさんに事情を説明すると会議室へ通された

そこで聞いたのは・・・
正体不明の敵の放った使い魔が
執務室からプレジデントの私室へ侵入したこと。
幸いにもプレジデントに怪我はなく無事だったが
護符が奪われてしまったこと。

調査の詳しい結果がまだ出ていないので推測の域を出ないけど
3国同時に襲わたコトから考えて
どうやら護符が敵の目的だったみたい。。。

20年前の大戦で闇の王に勝利した時に
3国で分割して保管されていた護符
誰が何の為に持ち去ったかはあたしにもわかる

闇の王の復活

アルタナ連合軍をもってやっとの思いで追い詰めて封印した闇王
そんなのが復活なんてしたらどうなっちゃうんだろう。。。
ズヴァール城を守るデーモンたちの実力は
各地の獣人なんかの比じゃないって聞くし
それを束ねるんだから闇王はもっとすごく強いんだよね

あたしなんかじゃこっから先はどうしようもないかなぁ。。。

・・・と
ここで自分に場の視線が集中していることに気がついて我に返る

『次のミッション受けてくれるか?』

ルシウス補佐官の問いかけに反射的にうなずいてしまう

その後ミッション内容の詳しい説明を受けて
激しく後悔することになったけど。。。

ここまできたらもう後に退けない
自分に出来ることを精一杯やってみよう

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Rikaho’sでーた
Profile
◇めりぽ状況◇
基本:
・MP ×☆12
・短剣スキル ×☆8
・片手剣スキル ×☆8
・弓術スキル ×☆3
・回避スキル ×☆4
・盾スキル ×☆1
・強化スキル ×☆1
・弱体スキル ×☆8
・精霊スキル ×☆8
・被クリ率 ×☆5
・詠唱中断率 ×☆5
赤魔道士:
・氷属性魔法命中率 ×☆5
・コンバート使用間隔 ×☆5
・スロウⅡ ×☆5
・バイオⅢ ×☆5
シーフ:
・不意打ち使用間隔 ×☆3
・TA確率 ×☆5
・オーラスティール ×☆3
・アサシンチャージ ×☆5
狩人:
・狙い撃ち使用間隔 ×☆2
・ラピッドショット ×☆1
・フラッシーショット ×☆1
・リサイクル ×☆1
白魔道士:
・ケアル詠唱時間 ×☆2
・デヴォーション ×☆1
・プロテアⅤ ×☆1
・シェルラⅤ ×☆1
黒魔道士
・フリーズⅡ ×☆1
ウエポンスキル
・エクゼンテレター ×☆3
・レクイエスカット ×☆1
・エイペクスアロー ×☆2
プロフィール
HN:
りか
性別:
女性
趣味:
スポーツ全般
最新CM
[09/20 あいま]
[06/02 ろぜた]
[05/04 ラグ@引退者]
[05/03 あいま]
[12/26 りーざ]
TBP&最新TB


ブログ内検索
成分表&時計
カウンター


是非ポチッとお願いします!

blogram投票ボタン

FF11・ブログ

ゲーム全般・ブログ

Copyright © Rikahoの秘密☆エオルゼア在住の元ヴァナ娘☆ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]